マクラーレン、600psの「600LT」発表…570Sに軽量高性能モデル

自動車 ニューモデル 新型車
マクラーレン 600LT
  • マクラーレン 600LT
  • マクラーレン 600LT
  • マクラーレン 600LT
  • マクラーレン 600LT
  • マクラーレン 600LT
  • マクラーレン 600LT
マクラーレンオートモーティブは6月28日、マクラーレン『600LT』(McLaren 600LT)を発表した。

600LTは、マクラーレン『570Sクーペ』をベースに、さらなる高性能を求めて、パワフルなエンジンを軽量ボディに組み合わせたモデル。車名の「LT」とは、伝説的なレーシングカー、マクラーレン『F1 GTR ロングテール』に由来する。

マクラーレン600LTでは、3.8リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンをチューニング。冷却システムに改良を施し、エキゾーストシステムの背圧を低減するなどして、最大出力600ps、最大トルク63.2kgmを獲得する。

600LT専用のカーボンファイバー製ボディパネルを採用。乾燥重量は1247kgと、570Sクーペに対して96kg軽量化された。フロントリップスポイラー、サイドシル、ディフューザー、固定式リアウィングなどを専用装備。これによってダウンフォースを引き上げた。

インテリアには、マクラーレン『P1』で初採用されたカーボンファイバー製レーシングシートと、軽量なアルカンターラトリムを広範囲に渡って使用。足回りには、軽量のブレーキシステムをはじめ、サーキット専用に開発されたピレリ製タイヤを装着している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集