MINIクラブマン、改良型でデザイン刷新へ…最新のBMWインフォテイメント装備

自動車 ニューモデル 新型車

MINI クラブマン 改良新型 スクープ写真
  • MINI クラブマン 改良新型 スクープ写真
  • MINI クラブマン 改良新型 スクープ写真
  • MINI クラブマン 改良新型 スクープ写真
  • MINI クラブマン 改良新型 スクープ写真
  • MINI クラブマン 改良新型 スクープ写真
  • MINI クラブマン 改良新型 スクープ写真
  • MINI クラブマン 改良新型 スクープ写真
  • MINI クラブマン 改良新型 スクープ写真
MINI『クラブマン』の改良新型プロトタイプを初めてカメラが捉えた。第2世代クラブマンがさらに完成度を高める。

クラブマンは、2008年3月2日(ミニの日)から日本でデリバリーが開始されているワゴンタイプモデルだ。旧ミニクラブマンの意匠を受け継ぎ、テールゲートが観音開きとなっていることも特徴となっている。現行モデルは2015年のフランクフルトモーターショーで登場し、今回が初のフェイスリフトとなる。捉えた開発車両は初期段階のため、まだ細部の変更が着手されていない模様だ。

先日日本でも発表されたハッチバックにならい、ヘッドライトやテールライトのグラフィックを初め、フロント&リアバンパーがリフレッシュされるはず。またキャビン内では、BMWのテクノロジーを採用する最新のインフォテイメントを装備する。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒エンジンを搭載するほか、高性能モデル「クーパーS」には2リットル直列4気筒ターボがキャリーオーバーされる。また欧州向けディーゼルは、新燃費計測モード「WLTP」に対応すべく調整がなされるだろう。

ワールドプレミアは、2019年以降となりそうだ。

◆「デリカD:5」「ジムニー」「S2000」…話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集