ポルシェ マカン 改良へ…フロントマスク大刷新、パワートレインはどうなる?

自動車 ニューモデル 新型車
ポルシェ マカン 改良新型スクープ写真
  • ポルシェ マカン 改良新型スクープ写真
  • ポルシェ マカン 改良新型スクープ写真
  • ポルシェ マカン 改良新型スクープ写真
  • ポルシェ マカン 改良新型スクープ写真
  • ポルシェ マカン 改良新型スクープ写真
  • ポルシェ マカン 改良新型スクープ写真
  • ポルシェ マカン 改良新型スクープ写真
  • ポルシェ マカン 改良新型スクープ写真
ポルシェのエントリー・クロスオーバーSUV『マカン』改良新型プロトタイプを、ほぼフルヌードの状態で捕捉した。また、パワートレインに関する最新情報も入手した。

完全に露出した新フロントマスクは、コーナーエアインテーク上部にLEDデュアル・デイタイムランニングライトバー、バンパー下部には「GTS」風エアインテーク、ヘッドライトは『パナメーラ』にも採用されているポルシェ最新の4灯式「ダイナミック・ライトシステム」が装備され、大きく変化を見せている。

後部は、新グラフィックやLEDストリップライトが隠されているが、ディフューザーやクワッドエキゾーストパイプを装着しており、「S」などの高性能モデルの可能性が高い。

パワートレインも刷新される。エントリーモデルの2リットル直列4気筒エンジンは、現行モデルの248psから300psへ向上。パナメーラから流用される3リットルエンジンは、最高出力355psへ。そして現行「マカンターボ」に搭載されている3.6リットルV型6気筒エンジンは2.9リットルへ置き換えられるが、最高出力は400psから440psへ高められると予想される。

コックピットには、現行モデルよりワイド化された、12.3インチディスプレイの新インフォテイメントシステムを装備。これにより、エアコン吹き出し口は下部へ移動されていることが確認出来る。また「ポルシェ・コミュニケーション・マネージメント・システム」により、Apple CarPlayやAndroid Autoの利用も可能となるだろう。

改良新型のワールドプレミアは、10月のパリモーターショーが有力だが、数か月以内に公式写真が先行公開される可能性がある。

◆「アクセラ」「スープラ」「フェアレディZ」…話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集