プジョー 3008 など、バッテリーケーブルショートで火災のおそれ リコール

自動車 テクノロジー 安全
プジョー 3008
  • プジョー 3008
  • 改善箇所(バッテリープラスケーブル)
  • 改善箇所(燃料パイプ)
プジョー・シトロエン・ジャポンは6月7日、プジョー『3008』とシトロエン『C4』のバッテリープラスケーブルおよび燃料パイプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2016年8月26日~2017年10月27日に輸入された997台。

バッテリープラスケーブルについては、取り回しが不適切なため、エンジンサポートと接触するものがある。そのため、エンジンの振動によりケーブルの被覆が破れ、最悪の場合、ショートして火災に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、バッテリープラスケーブルを正しい位置に変更し、保護カバーを取り付ける。また、ケーブルが損傷していた場合は、良品に交換する。

燃料パイプについては、フロアアンダーカバーの間隙が少ないため、組付け誤差により両者が接触するものがある。そのため、走行中のフロアアンダーカバーの振動により、燃料パイプが損傷し、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。

改善措置として、全車両、燃料パイプに保護材を取付ける。また、損傷していた場合は、良品に交換する。

不具合および事故は起きていない。本国からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集