アウディ、最上級SUVクーペ『Q8』を発表…全車マイルドハイブリッド

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ Q8
  • アウディ Q8
  • アウディ Q8
  • アウディ Q8
  • アウディ Q8
  • アウディ Q8
  • アウディ Q8
  • アウディ Q8
  • アウディ Q8
アウディは6月5日、中国深セン市で開催した「アウディ・ブランド・サミット」において、新型SUVの『Q8』を初公開した。2018年第3四半期(7~9月)、まずは欧州市場で発売される予定。

Q8はアウディのSUV、「Qモデル」の最上級車。『Q7』の上に位置するモデルであり、大型SUVの機能性に、4ドアラグジュアリークーペのエレガンスを融合させることを目指して開発された。

Q8には、新デザインのシングルフレームグリルを採用。各部のデザインには、1980年代の名車、アウディ『クワトロ』のモチーフを取り入れた。Q8のボディサイズは、全長4986mm、全幅1995mm、全高1705mm、ホイールベースはおよそ3000mm。Q7(全長5052mm、全幅1968mm、全高1735mm)よりも27mmワイドだが、全長は66mm短く、背も30mm低い。

Q8は大型ボディを生かして、広大な室内空間を実現。アウディによると、競合車を上回る室内スペースを備えているという。後席は3分割で倒すことができ、荷室は最大で1755リットルの容量を持つ。

パワートレーンは、全車がマイルドハイブリッド。48Vの電源システム、リチウムイオンバッテリー、ベルト駆動式のオルタネータースターターを装備する。減速時には、最大で12kWのエネルギーを回生し、バッテリーに蓄える。巡航などの低負荷走行時にはエンジンを休止し、惰性で走行(コースティング)させ、燃費を稼ぐ。エンジンのスタート/ストップ機能も、幅広い走行条件で作動する、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集