スバル WRX と WRX STI に専用内外装、「シリーズグレー」を米2019年型に

自動車 ニューモデル 新型車

スバル WRX STI シリーズグレー
  • スバル WRX STI シリーズグレー
  • スバル WRX STI シリーズグレー
  • スバル WRX STI シリーズグレー
  • スバル WRX STI シリーズグレー
  • スバル WRX STI シリーズグレー
  • スバル WRX STI シリーズグレー
  • スバル WRX STI シリーズグレー
SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは6月4日、2019年モデルの『WRX』と『WRX STI』に「シリーズグレー」を設定すると発表した。

シリーズグレーには、クールグレーカーキの専用ボディカラー、クリスタルブラックシリカの専用エンブレム、「ウルトラスエード」と呼ばれる専用インテリアを採用する。

WRXのシリーズグレーでは、ブラック仕上げの18インチアルミホイールを履く。強化ブレーキやステアリングの舵角に対応するLEDヘッドライトも装備された。トランスミッションは6速MTのみとなる。

WRX STIのシリーズグレーでは、ブラック仕上げの19インチアルミホイールを装備。ブレンボ製のブレーキキャリパーは、シルバー塗装となる。STIチューンのビルシュタイン製ダンパーを装着。レカロシートも標準装備されている。

シリーズグレーの販売台数はWRXが750台、WRX STIが250台の合計1000台。スバルオブアメリカは、今秋から販売を開始する、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集