モリタの新型ハイルーフ「レッドアーマーアルファ」…東京国際消防防災展2018[詳細画像]

自動車 ニューモデル 新型車
モリタの小型水槽付消防ポンプ自動車CD-IDシリーズ(東京国際消防防災展2018)
  • モリタの小型水槽付消防ポンプ自動車CD-IDシリーズ(東京国際消防防災展2018)
  • モリタの小型水槽付消防ポンプ自動車CD-IDシリーズ(東京国際消防防災展2018)
  • モリタの小型水槽付消防ポンプ自動車CD-IDシリーズ(東京国際消防防災展2018)
  • モリタの小型水槽付消防ポンプ自動車CD-IDシリーズ(東京国際消防防災展2018)
  • モリタの小型水槽付消防ポンプ自動車CD-IDシリーズ(東京国際消防防災展2018)
  • モリタの小型水槽付消防ポンプ自動車CD-IDシリーズ(東京国際消防防災展2018)
  • モリタの小型水槽付消防ポンプ自動車CD-IDシリーズ(東京国際消防防災展2018)
  • モリタの小型水槽付消防ポンプ自動車CD-IDシリーズ(東京国際消防防災展2018)
モリタは多様化する火災現場、災害現場において、消火・救助活動に素早く対応できるよう消防自動車10台を開発、5月31日~6月3日に東京臨海都心の東京ビッグサイトで開催された「東京国際消防防災展2018」に出展した。

小型水槽付消防ポンプ自動車「CD-ID」シリーズは、シャシ3t車級の小型車に1300リットルの大容量タンクとCAFS(圧縮空気泡消火装置)を搭載した消防ポンプ自動車だ。機能性、収納力を重視しながら軽量化を図った。キャビンには新型ハイルーフ「レッドアーマーアルファ」(オプション)を搭載することが可能。

ボディ側面の収納庫の扉をドラムシャッター式ではなく、スイング式の扉を採用して収納スペースを拡大した。側面扉に大型のLED作業灯を装備し、扉の展開時には車両上部まで持ち上がり、周囲を照らす。


新型ハイルーフ「レッドアーマーアルファ」は、モリタ独自の意匠で、軽量で防錆性に優れたFRP素材でできており、居住性と収納性が向上し、たとえばヘルメットを装備した状態での活動もスムーズにした。

東京国際消防防災展は国内外の関連企業が一堂に集結する5年に1度の大規模イベントで、最新の製品・サービスをアピールする。消防防災関係者からエンドユーザーまで多数が来場する。主催は東京消防庁、東京ビッグサイト、東京国際消防防災展2018実行委員会。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集