個室からフルフラットシートまで網羅…JR西日本が「新たな長距離列車」のデザインを公表

鉄道 企業動向
夜行列車をイメージした「新たな長距離列車」のエクステリアイメージ。
  • 夜行列車をイメージした「新たな長距離列車」のエクステリアイメージ。
  • 6両編成の車内仕様。フリースペースが随所に設けられる。
  • 1号車(グリーン車)のイメージ。ボックス状のシートを1人で使用する。双方のシートの背もたれを倒すとベッドにすることができる。かつての開放式A寝台に似たイメージだ。
  • 一部がコンパートメント式となる3号車(普通車)のイメージ。座席部は2+2列配置のリクライニングシートで、シートピッチはグリーン車並。
  • 4号車フリースペースのイメージ。グループで利用できるボックス席もある。
  • 5号車(普通車)のイメージ。フルフラットシートになるが、構造的にはかつての2段式開放B寝台に似ている。フルフラットシートは2号車にもある。
  • 6号車(グリーン個室)のイメージ。個室は5室あり、うち1室は1人用となる。
JR西日本は5月23日、2020年春の運行開始に向けて準備を進めている「新たな長距離列車」のデザインを発表した。

この列車は、国鉄時代の1979年から運行されている117系近郊型電車6両1編成を改造して運行するもので、「多様性」「カジュアル」「くつろぎ」をキーワードに、鉄道旅行の楽しさを味わえる車両を目指すという。

定員は90人程度で全車指定席とし、運行区間は京阪神地区から山陰方面や山陽方面などを想定。臨時列車として、定められた期間中に複数の区間で運行する計画。

車内は1両ごとに異なるものとなり、1号車は1+1列シートのグリーン車、2号車は2+2列シートと横になってくつろげるフルフラットシートがある普通車で女性専用車、3号車は2+2列シートとコンパートメント室がある普通車、4号車はフリースペース、5号車はフルフラットシートのみの普通車、6号車はグリーン個室となる。

また、車内を自由に行き来して過ごせるよう、乗降口付近や運転台後方にもフリースペースを設置するとしている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集