「ドイツ版ウルス」だ! アウディ最強SUV「RS Q8」の気になるスペックは

自動車 ニューモデル 新型車
アウディ RS Q8 プロトタイプスクープ写真
  • アウディ RS Q8 プロトタイプスクープ写真
  • アウディ RS Q8 プロトタイプスクープ写真
  • アウディ RS Q8 プロトタイプスクープ写真
  • アウディ RS Q8 プロトタイプスクープ写真
  • アウディ RS Q8 プロトタイプスクープ写真
  • アウディ RS Q8 プロトタイプスクープ写真
  • アウディ RS Q8 プロトタイプスクープ写真
  • アウディ RS Q8 プロトタイプスクープ写真
昨年コンセプトモデルを公開した、アウディのフラッグシップ・クロスオーバーSUV『Q8』。その高性能モデル『RS Q8』市販型プロトタイプをカメラが捉えた。またこの最新スパイショットと共に新たな情報も入手した。

キャッチした車両は、シャープな最新のLEDヘッドライト、大口エアダクト、ワイドグリルを装備。テールライトのデザインも初めて露出している。しかし、リアバンパーに備わるクワッドエキゾーストパイプはフェイクのはずだ。市販型では、RSのアイコンである大径のツインエキゾーストパイプが装着されるだろう。4つのタイヤには、カーボンコンポジットブレーキを装着し、フロントには、6ピストンのキャリパーを備えている。

ランボルギーニのスーパーSUV『ウルス』と同じ「MLB Evo」プラットフォームを採用し、4リットルV型8気筒エンジンを搭載する。その為、ドイツ版「ウルス」とも伝えられている。但し最新情報によると、最高出力650ps、最大トルク850Nmというウルスと同じ性能を持つかは断言出来ない状況だという。ウルス並のスペックとなるか、要注目だ。

インテリアは、旗艦サルーン『A8』と共通するハイテクかつ、スポーティなデザインが予想される。フルサイズのエアベントセットアップ、高精細デュアルタッチスクリーン、アルカンターラ・ステアリングホイールなどが見られるはずだ。

アウディは、ベースモデルとなるQ8を6月に中国で初公開し、年内に発売する計画を持っている。その後2019年3月のジュネーブモーターショーで、頂点にたつRS Q8が登場すると噂されている。

◆「デリカD:5」「ジムニー」「S2000」…話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集