アイシン、自動運転を実現する最新技術を紹介予定…人とくるまのテクノロジー2018

自動車 テクノロジー ITS

アイシングループ ブースイメージ
  • アイシングループ ブースイメージ
アイシングループは、5月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に出展。「ゼロエミッション」「自動運転」「コネクティッド」の実現に貢献する製品や技術を紹介する。

ゼロエミッション分野では、電動化対応として既存の技術を活かした「FF1モーターハイブリッドトランスミッション」や「イーアクスル」などを展示。アイシングループがもつパワートレインのラインアップを活かした電動化への取り組みを紹介する。

自動運転分野では、現在開発を進める「車両運動統合制御」や「自動バレー駐車」といった技術を実現する、画像認識システムやシャシー製品、ブレーキ製品などをシステムで展示。コネクティッド分野では、空気圧でサポート調整を行う機能を備えたニューマチックシートと、ナビで培った位置情報技術を組み合わせた「ナビ連携ニューマチックシート」のシミュレーターを展示する。

また、「油中へのブローバイガス混入経路の検証」、「冷却性向上のためのブレーキディスク基本設計の考察」、「クロスハッチ形状を用いたピストンカート部低フリクション技術の開発」をテーマとした3つの技術論文を紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集