「Cクラスロング」も改名、メルセデスベンツ CクラスLセダン に…北京モーターショー2018[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
メルセデスベンツ CクラスLセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデスベンツ CクラスLセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデスベンツ CクラスLセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデスベンツ CクラスLセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデスベンツ CクラスLセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデスベンツ CクラスLセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデスベンツ CクラスLセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデスベンツ CクラスLセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデスベンツ CクラスLセダン(北京モーターショー2018)
メルセデスベンツ『CクラスLセダン』は、2014年に発表された現行『Cクラスセダン・ロングホイールベース』の改良新型モデル。改良を機に、CクラスLセダンに車名を変更した。CクラスLセダンのホイールベースは2920mm。通常モデルに対して、80mm長くなっており、後席の居住性が引き上げられた。

メルセデスベンツCクラスLセダンには、48Vのマイルドハイブリッドシステムを新採用。このマイルドハイブリッドシステムは、「EQブースト」と命名。直列4気筒ガソリンターボエンジンには、48Vのベルト駆動のスターター/オルタネーターを組み込み、加速時などに、モーターのパワーがエンジンをアシストする。

減速時には、スターター/オルタネーターがエネルギーをバッテリーに回収。エンジン負荷の少ない巡航時には、エンジンを休止し、惰行走行させて燃費を稼ぐ、としている。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集