ヒュンダイ、最新先進運転支援搭載の次世代燃料電池車を発売…予約受注は1000台以上

ヒュンダイモーター(現代自動車、以下、ヒュンダイ)は、新型燃料電池車の『ネクソ』(NEXO)の販売を韓国で開始した、と発表した。

エコカー EV
ヒュンダイ・ネクソ
  • ヒュンダイ・ネクソ
  • ヒュンダイ・ネクソ
ヒュンダイモーター(現代自動車、以下、ヒュンダイ)は、新型燃料電池車の『ネクソ』(NEXO)の販売を韓国で開始した、と発表した。

ネクソは、ヒュンダイの新世代燃料電池車。モーターは最大出力163hpを発生。ヒュンダイが標榜するのは、世界一の燃料効率によるおよそ595kmの長い航続距離。水素の注入時間が、わずか5分というのも特徴になる。

また、ネクソには、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載。ブラインドスポットビューモニターやレーンアシスト、スマートパーキングアシストなどが採用されている。

今回ヒュンダイは、ネクソの販売を韓国で開始。まずは韓国内のウルサンとクワンジュの2都市で、販売を開始した。両都市当局は、水素燃料インフラを拡大する意向を表明している。

また、ヒュンダイは、燃料電池部品に10年16万kmの保証を付帯。さらに韓国内に22のサービスネットワークを構築し、ユーザーを支援する体制を敷く。すでに予約注文開始初日に、733台を受注。期間中に合計1061台の受注を獲得した、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集