KTMの目玉バイクはミラノショーで大好評の 790デューク…東京モーターサイクルショー2018

モーターサイクル 新型車
KTMの『790デューク』(右)と『790アドベンチャーR プロトタイプ』
  • KTMの『790デューク』(右)と『790アドベンチャーR プロトタイプ』
  • KTMの『790デューク』
  • 『790デューク』に搭載されている新開発の799ccパラレルツインエンジン
  • KTMの売れ筋バイク『390デューク』
  • KTMのブース
オレンジがトレードカラーのKTM。東京モーターサイクルショー2018の目玉商品は昨年の「ミラノショー」で発表して大好評だった『790 デューク』で、5月に発売する予定だ。

「3月初めにスペインのグランカナリア島で試乗会を開いたのですが、非常に評判がよかったんです」とKTMジャパンの広報担当者は嬉しそうに話す。

新開発の「LC8C」という排気量799ccのパラレルツインエンジンを搭載。そのエンジンは軽量、コンパクトがウリだ。最大出力は77kW/9000rpmで、最大トルクは86Nm/8000rpmだ。「車体もスリムにできており、車体重量が約169kgと軽く、俊敏な取り回しができる」(広報担当者)という。

その最大の特徴はエンジンをフレームの一部として使つ独特の構造になっていることだ。そのためエンジンをカバーするフレームはなく、エンジンがむき出しの状態だが、強度には全く問題ない。

「KTMは“Ready to Race”、いつでもレースができるバイクづくりを目指しており、このバイクはそれを文字通り表すと言っていいと思います。非常にポテンシャルがあります」と広報担当者は強調し、バイクがよく分かっている人、ライディングを楽しみたい人に乗ってもらいたいそうだ。希望小売価格は112万9000円。

そのデュークの横には同じエンジンを積んだ『790アドベンチャーR プロトタイプ』が並んでいる。これもミラノショーで初めて発表したもので、デューク同様に取り回しがしやすいという。ただ、発売はまだ未定だ。

広報関係者によると、KTMのユーザーは比較的若い人が多く、平均年齢が30代後半とのことで、デュークについても、そのあたりがメインターゲットになりそうだ。事実、その年代らしき来場者が多く訪れていた。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集