アウディがドローンEVプロジェクトに参画、自動運転のノウハウ提供…ジュネーブモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー

「Pop.Upネクスト」コンセプト(ジュネーブモーターショー2018) (c) Getty Images
  • 「Pop.Upネクスト」コンセプト(ジュネーブモーターショー2018) (c) Getty Images
  • 「Pop.Upネクスト」コンセプト(ジュネーブモーターショー2018) (c) Getty Images
  • アウディが参画するドローンEVプロジェクト「Pop.Up」
  • アウディが参画するドローンEVプロジェクト「Pop.Up」
  • アウディが参画するドローンEVプロジェクト「Pop.Up」
  • アウディが参画するドローンEVプロジェクト「Pop.Up」
アウディは3月6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018において、イタルデザインとエアバスのドローンEVプロジェクト、「Pop.Up」に参画すると発表した。

世界の大都市における交通渋滞は激しさを増しており、2030年までには、さらに交通量が増えると予想されている。イタルデザインとエアバスは、Pop.Upを提案し、渋滞の緩和を目指している。

Pop.Upの特徴は、地上と空の両方の輸送手段を備えていること。Pop.Upは道路を走行する際は、2名乗りのEV。激しい渋滞に遭遇した場合、Pop.Upのルーフからドローンが飛び立ち、カプセルに乗った人を目的地へ運ぶ仕組み。空を飛ぶ際は、自動操縦となり、垂直に離発着することができる。

アウディはジュネーブモーターショー2018において、このPop.Upプロジェクトに参画すると発表。アウディはバッテリー技術や自動運転のノウハウを提供し、プロジェクトを支援していく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集