VW ゴルフ のEV、50台をハンブルク市に引き渡し…延べ150万kmをゼロエミッション走行へ

エコカー EV

VWグループがドイツ・ハンブルク市にe-ゴルフを50台を引き渡し
  • VWグループがドイツ・ハンブルク市にe-ゴルフを50台を引き渡し
フォルクスワーゲングループは2月22日、ドイツ・ハンブルク市とのパートナーシップの一環として、『e-ゴルフ』50台を同市に引き渡した、と発表した。

e-ゴルフは、『ゴルフ』のEV。最新モデルは、モーターが最大出力136hp、最大トルク29.6kgmへ性能アップ。従来比で、20hp、2kgmの強化にあたる。この効果で、0~100km/h加速9.6秒、最高速150km/h(リミッター作動)の動力性能を発揮。最高速は従来よりも、10km/h引き上げられた。

二次電池のリチウムイオンバッテリーは、蓄電容量を24.2kWhから35.8kWhに大容量化。1回の充電で走行可能な距離は、190kmから300kmへ、およそ6割も高めている。

今回、フォルクスワーゲングループは、ドイツ・ハンブルク市とのパートナーシップの一環として、e-ゴルフを50台引き渡し。同市は「e-Drive ハンブルク 2018プログラム」の下で、50台のe-ゴルフを今後3年間、延べ約150万kmゼロエミッション走行させていく、としている
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集