アイサイトを標準、スバル全車に米国進出50周年の記念車…シカゴモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
スバルの米国進出50周年記念車
  • スバルの米国進出50周年記念車
  • スバルの米国進出50周年記念車
  • スバルの米国進出50周年記念車
SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは2月8日、米国で開幕したシカゴモーターショー2018において、米国進出50周年記念車を初公開した。

スバルは1967年、米国に駐在事務所を開設。その翌年の1968年2月15日、現地法人のスバルオブアメリカを立ち上げた。2018年2月は、この時から数えて50年の節目となる。

米国に導入された最初のスバル車は、スバル『360』。1968年5月、米国にスバル360の第一号車が上陸を果たした。当時の価格は1290ドル。フォルクスワーゲン『ビートル』よりも、300ドル安い価格設定だった。

シカゴモーターショー2018で初公開された米国進出50周年記念車は、『フォレスター』、『インプレッサ』、『レガシィ』、『WRX』、『BRZ』、『クロストレック』(日本名:『XV』)など、スバルの全ラインナップ8車種に設定。ベース車両には、上級グレードが選択された。

専用のボディカラーとして、ヘリテイジブルーを用意。米国進出50周年を記念するエンブレムも装着される。内装はブラック基調で、シルバーのステッチ入り。一部モデルには、専用ホイールやサテンクローム仕上げのドアミラーを装着。「アイサイト」が全車に標準装備されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集