MINI初の市販EVにも「S」登場か…185馬力、航続距離は400km

自動車 ニューモデル 新型車

MINI E(仮称)に設定される「S」モデルのプロトタイプ スクープ写真
  • MINI E(仮称)に設定される「S」モデルのプロトタイプ スクープ写真
  • MINI E(仮称)に設定される「S」モデルのプロトタイプ スクープ写真
  • MINI E(仮称)に設定される「S」モデルのプロトタイプ スクープ写真
  • MINI E(仮称)に設定される「S」モデルのプロトタイプ スクープ写真
  • MINI E(仮称)に設定される「S」モデルのプロトタイプ スクープ写真
  • MINI E(仮称)に設定される「S」モデルのプロトタイプ スクープ写真
  • MINI E(仮称)に設定される「S」モデルのプロトタイプ スクープ写真
  • MINI E(仮称)に設定される「S」モデルのプロトタイプ スクープ写真
MINI初の本格EVとして、市販化に期待がかかる『MINI E』(仮称)に、高性能モデル「S」が準備されていることが分かった。暗闇で捉えたプロトタイプは、ベース車と同様にフロントグリルがなく、これまでのMINIデザインとは一線を画している。

撮影に成功したプロトタイプは、ガソリンモデルと区別が付きにくいが、グリルの殆どが不自然にカモフラージュされている上、ドアには「Electric Test Vehicle」のステッカーが貼られている。さらにエキゾーストパイプも装備されていないことからもEVと見ていいだろう。そして「S」モデルであろうことは、ボンネットのエアスクープから見て取ることができる。

このSモデルはベース車と同じく、BMW『i3』からEVテクノロジーが移植される見通しで、標準の170ps/250Nmに対し、185psを発揮する。0-100km/h加速は、現行ガソリンエンジンの「S」と同等の6.9秒から6.8秒と予想される。

一度の充電で400kmの航続距離が可能で、急速充電では約40分で80%の充電が可能になるという。

ワールドプレミアは、ベース車が2018年秋。「S」は2019年3月のジュネーブモーターショーが予想されている。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集