1000馬力で7000万円超、トヨタ GRスーパースポーツコンセプト…東京オートサロン2018詳細画像

トヨタGAZOOレーシングは1月の東京オートサロン2018にて次世代スーパースポーツカー『GRスーパースポーツコンセプト』を初公開した。

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
トヨタGRスーパースポーツコンセプト(東京オートサロン2018)
  • トヨタGRスーパースポーツコンセプト(東京オートサロン2018)
  • トヨタGRスーパースポーツコンセプト(東京オートサロン2018)
  • トヨタGRスーパースポーツコンセプト(東京オートサロン2018)
  • トヨタGRスーパースポーツコンセプト(東京オートサロン2018)
  • トヨタGRスーパースポーツコンセプト(東京オートサロン2018)
  • トヨタGRスーパースポーツコンセプト(東京オートサロン2018)
  • トヨタGRスーパースポーツコンセプト(東京オートサロン2018)
  • トヨタGRスーパースポーツコンセプト(東京オートサロン2018)
トヨタGAZOOレーシングは1月の東京オートサロン2018にて次世代スーパースポーツカー『GRスーパースポーツコンセプト』を初公開した。

GRスーパースポーツコンセプトは、レーシングカー並みの性能を追究しながらも、市販化を視野に入れた開発をおこなっており、ワールドプレミアは2019年、その後2020年に市販モデルが発売される可能性が高いという。

公開されたコンセプトカーは、WEC(世界耐久選手権)に参戦中のレーシングマシン「TS050」とほぼ同じパーツで構成されたロード・ゴーイング・カーと紹介されおり、V6ツインターボエンジンとレース用のハイブリッドシステム「THS-R」を搭載する。市販版では、2.5リットルV6ツインターボエンジン+THS-Rにより、最高出力は800psから1000psを発揮すると予想される。

市販されるとなれば、同じくレーシングカーのシステムを搭載した「公道仕様のF1」、メルセデス『AMGプロジェクトONE』が直接のライバルとなりそうなGRスーパースポーツ。その価格もスペック同様に弩級となる。世界500台限定のみが販売されたスーパーカー、レクサス『LFA』の3750万円を大きく上回り、トヨタ市販モデル史上最高額の7000万円級となることが予想されている。

GAZOOレーシングカンパニーのプレジデントを務めるトヨタ自動車の友山茂樹副社長はスペックに関して「乗車定員は2名、この流麗かつ斬新なフォルムの下には実戦で鍛えられたV6ツインターボエンジンとレース用のハイブリッドシステムTHS-Rを搭載している。このパワーユニットは高効率のEVシステムと希薄燃焼エンジンの組み合わせにより、すでに熱効率50%を実現しており、現在さらに高い値を目指して開発を進めている」とした。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集