BMW 8シリーズ 新型、開発プロトタイプの画像…アプリリアで撮影

BMWは1月24日、新型『8シリーズ・クーペ』の開発プロトタイプ車の画像を公開した。

自動車 ニューモデル 新型車
BMW8シリーズ・クーペ新型の開発プロトタイプ
  • BMW8シリーズ・クーペ新型の開発プロトタイプ
  • BMW8シリーズ・クーペ新型の開発プロトタイプ
  • BMW8シリーズ・クーペ新型の開発プロトタイプ
  • BMW8シリーズ・クーペ新型の開発プロトタイプ
  • BMW8シリーズ・クーペ新型の開発プロトタイプ
  • BMW8シリーズ・クーペ新型の開発プロトタイプ
BMWは1月24日、新型『8シリーズ・クーペ』の開発プロトタイプ車の画像を公開した。

初代『8シリーズ』は、BMWの最上級クーペとして1989年秋、フランクフルトモーターショーで発表。1999年に生産を終了した。その8シリーズが、およそ20年ぶりに復活を果たす。

新型8シリーズ クーペは、2017年5月に公開された『コンセプト8シリーズ』の市販版。コンセプト8シリーズは、ひと目でBMWとわかるフォルムを持ちながら、新しいデザインアイデアを随所に導入している。例えば、キドニーグリルは、BMWのクラシッククーペからインスピレーションを得て、ワイド&ローの新デザイン。ボンネットとルーフラインが、ダイナミックさを演出する。

インテリアは、ドライバー重視の設計。シートはダークブラウンのメリノレザーで、ダッシュボードなどには、カーボンファイバーやアルミのアクセントが配される。iDriveコントローラーは、スワロフスキーガラス製とした。

今回BMWは、新型8シリーズ クーペの開発プロトタイプの画像を公開。イタリア・アプリリアのプルービンググラウンドにおいて、高速テストを行う様子を紹介した。開発プロトタイプ車には厳重な擬装が施されているが、BMWにとって久々の大型2ドアクーペの基本フォルムが見て取れる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集