【マツダ CX-8 試乗】「時代を読んだ」最上級快適トランスポーター…島崎七生人

試乗記 国産車
マツダ CX-8 XD PROACTIVE 2WD 7名乗り
  • マツダ CX-8 XD PROACTIVE 2WD 7名乗り
  • マツダ CX-8 XD PROACTIVE 2WD 7名乗り
  • マツダ CX-8 XD PROACTIVE 2WD 7名乗り
  • マツダ CX-8 XD PROACTIVE 2WD 7名乗り
  • マツダ CX-8 XD PROACTIVE 2WD 7名乗り
  • マツダ CX-8 XD PROACTIVE 2WD 7名乗り
  • マツダ CX-8 XD PROACTIVE 2WD 7名乗り
  • マツダ CX-8
日本で選べるCXラインは「3」「5」「8」の3モデル。括りの上ではSUVだが、ただの“大中小”ではなく、各々、独自のキャラクターを打ち出しとしている点がポイントだ。

そのうち『CX-8』は、現状でマツダ車ではフラッグシップの責務も担う。かつてミニバンの3代目『MPV』が登場した際と同じ事情だが、同社の目下の最上級車が、時代の空気を読んだSUVのこのCX-8であり、それはミニバン同等の7人乗り(または6人乗り)の実用性ももっている…ということになる。

とはいえ何はともあれ圧倒的な上質感に説得される…が第一印象。とくにインテリアは、『アテンザ』のマイナーチェンジ以降『デミオ』に至るまでの、見栄えも触感も高レベルな仕上がりが、上級クラスのこのCX-8で一気に開花したのではないか、とさえ思える。

インパネ、ドアトリムの表皮(やステッチ)、加飾パネル類やステアリング、シフトノブ、各種スイッチ類など細部までの感触、操作感は心地いい。地に足がついた全体の落ち着いたデザインも、その上質感をさり気なく際立たせている。

ホイールベースは『CX-5』に較べ230mmも長いが、実質的な有効スペースはそれ以上に増した。とくにセカンドシートは120mmのスライドを活用し、リムジンの後席のように寛げるし、その際、前後寸法の広いサイドウインドが明るい視界を提供してくれる。サードシートも外観から想像するより実用的な空間が確保されている。

ラゲッジスペースは、サードシートを畳べば広大なスペースが得られるのは当たり前だが、サードシートを起こした状態でもCセグメントの2ボックスカー程度の実用的なスペースがある。

走りもCXラインのトップモデルらしく、上質で快適なもの。試乗車は「XD PROACTIVE・7名乗り」の2WDモデルだったが、1820kgの車重ながら(試乗時は1名乗車)、動力性能の余裕は十分に感じられた。

2.2リットルの4気筒ディーゼルターボは6速ATとの組み合わせながら、チューニングがさらに進んだようだ。とりわけ発進からの加速のスムースさが実にエレガントで、CX-8らしい走りっぷりをみせた。クルージング中の静粛性も高く、オーディオ等を使わずに走っていると(取り付け剛性の高さゆえか)前輪のロードノイズがわずかに伝わるのが感じられる程度。

キャビンが広くとも静かで「これなら家族での長距離移動もさぞ快適だろう」と思えた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集