メルセデスAMGが「53」発表、CLS 新型に高性能48VマイルドHV…デトロイトモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
メルセデスAMG CLS 53 4MATIC+(デトロイトモーターショー2018)
  • メルセデスAMG CLS 53 4MATIC+(デトロイトモーターショー2018)
  • メルセデスAMG CLS 53 4MATIC+(デトロイトモーターショー2018)
  • メルセデスAMG CLS 53 4MATIC+(デトロイトモーターショー2018)
  • メルセデスAMG CLS 53 4MATIC+
  • メルセデスAMG CLS 53 4MATIC+
  • メルセデスAMG CLS 53 4MATIC+
  • メルセデスAMG CLS 53 4MATIC+
  • メルセデスAMG CLS 53 4MATIC+
メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMGは1月15日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2018において、新型『CLSクーペ』の「CLS 53 4MATIC+」を初公開した。

メルセデスAMGは現在、上級車種を中心に、「43」と「63」シリーズを展開。デトロイトモーターショー2018で初公開されたCLS 53 4MATIC+は、43と63の間に位置する「53」シリーズの第一弾モデルとなる。

43および63シリーズと、53シリーズとの違いは、パワートレインがマイルドハイブリッドという点。新開発のマイルドハイブリッドシステムは、「EQブースト・スターター・オルタネーター」と呼ばれるもの。メルセデスベンツが電動化に特化した新ブランドとして立ち上げた「EQ」の名前が冠される。

EQブースト・スターター・オルタネーターは、スターターモーターとオルタネーターを強力なモーターに内蔵し、排気量3.0リットルの直列6気筒ガソリンターボエンジンと9速ATの「9Gトロニック」の間にレイアウト。48Vの電装システムも採用する。そして、走行状況に応じて、自動的にエンジンのオン/オフを行い、燃費や排出ガス性能を引き上げる。

エンジンスペックは最大出力が435hp、最大トルクが53kgm。ブースト機能を備えており、モーターが最大で22hpのパワーと25.5kgmのトルクを、ラグなく瞬時に引き出し、加速時などにエンジンをアシストする。動力性能は、0~100km/h加速が4.5秒、最高速は250km/h(リミッター作動)。ドライバーパッケージでは、リミッターが解除され、最高速は270km/hに到達する。

このマイルドハイブリッドシステムを搭載するCLS 53 4MATIC+は、欧州複合モード燃費が11.9km/リットル、CO2排出量が200g/kmと公表されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集