内装も激写!トヨタ オーリス 後継モデル、スクープ写真22枚

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ オーリス 次期型 スクープ写真
  • トヨタ オーリス 次期型 スクープ写真
  • トヨタ オーリス 次期型 スクープ写真
  • トヨタ オーリス 次期型 スクープ写真
  • トヨタ オーリス 次期型 スクープ写真
  • トヨタ オーリス 次期型 スクープ写真
  • トヨタ オーリス 次期型 スクープ写真
  • トヨタ オーリス 次期型 スクープ写真
  • トヨタ オーリス 次期型 スクープ写真
トヨタのCセグハッチバック、『オーリス』後継モデルが初の寒冷気候テストに姿を見せた。これまでで最も開発車両に接近、鮮明に捉えた。そして今回初めて、新型のコックピットをレスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが撮影することに成功した。

捉えた開発車両からは、3眼フルLEDヘッドライトやテールライトの一部が確認出来る。また初めて撮影に成功したコックピットのセンターコンソールは、手が楽に届くよう角度を付け、直感的操作で行えるスイッチ類を配置。メーター内には、高精細の大型7インチカラー液晶画面を搭載するだろう。シフトノブは、現行モデルより、下部へ移動し大型化されているのも確認出来る。

次期型では、トヨタ新世代プラットフォーム「TNGA」を採用。ホイールベースを延長し、居住空間の向上を図る。デザイン上では、リアクォーターガラスを廃止しCピラーを寝かせ、スポーティなシルエットを実現しているのも特徴だ。

パワートレインは、『C-HR』と共有する1.2リットル直列4気筒ターボエンジン、1.8リットル直列4気筒+モーターのハイブリッドが予想されている。また頂点には、最高出力260psを発揮する「GT」モデルの噂もある。

ワールドプレミアは、2018年秋以降が有力だ。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集