スズキ スペーシア/スペーシアカスタム 新型は「N-BOX へのチャレンジャーとして…」鈴木社長

スズキは12月14日、軽乗用車『スペーシア』を2013年2月以来4年10か月ぶりに全面改良し、同日発売すると発表した。スタイリッシュな『スペーシアカスタム』を含むシリーズの月間販売計画は1万2000台に設定している。

自動車 ニューモデル 新型車
スズキ 新型スペーシアと鈴木俊宏社長
  • スズキ 新型スペーシアと鈴木俊宏社長
  • スズキ スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ(ピュアホワイトパール ブラック2トーンルーフ)
  • スズキ スペーシア ハイブリッドG(オフブルーメタリック)
  • スズキ・スペーシア/スペーシアカスタム 新型発表会
スズキは12月14日、軽乗用車『スペーシア』を2013年2月以来4年10か月ぶりに全面改良し、同日発売すると発表した。スタイリッシュな『スペーシアカスタム』を含むシリーズの月間販売計画は1万2000台に設定している。

軽自動車用の新プラットフォーム「ハーテクト」による軽量化やバッテリー性能などを高めたマイルドハイブリッドシステムを全車に採用、燃費性能は最高値でクラストップレベルの30.0km/リットル(JC08モード)を確保した。価格は133万円台から190万円台。

安全装備「スズキセーフティサポート」を充実させ、軽自動車では初となる後退時の衝突被害軽減ブレーキサポートシステムや、フロントウインドウに道路標識などをカラー表示するディスプレイを採用した。後退時の衝突被害軽減ブレーキは10km/h以下での走行時に、4m以内の障害物に反応して作動する。リヤバンパーに埋め込んだ4個のソナーで障害物を検知する。

旧型車がホンダやダイハツのライバル車に比べて、小ぶりに見えやすかったという弱点への対策も打った。車体の全高を50mm高くし、大きく見えやすいデザインを採用、旧モデルより一見して大型化した印象を与える外観とした。

都内で開いた発表会で鈴木俊宏社長は「スズキの自信作であり、快適なハイトワゴンをもっと楽しく、もっとワクワクするクルマにした。そのためには安全性能が大前提であり、安全技術はふんだんに盛り込んだ」とアピールした。軽ハイトワゴンのカテゴリーではホンダの『N-BOX』が圧倒的な強さを見せているが、この点については「われわれはチャレンジャー。お客様に使っていただけるハイトワゴンとして、一歩でもN-BOXの足元に及ぶようになればと思っている」とコメントした。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集