レクサス LX に米国でも2列仕様、先進運転支援フル装備

自動車 ニューモデル モーターショー
レクサス LX570の2列シート・5人乗り仕様
  • レクサス LX570の2列シート・5人乗り仕様
  • レクサス LX570の2列シート・5人乗り仕様
  • レクサス LX570の2列シート・5人乗り仕様
  • レクサス LX570の2列シート・5人乗り仕様
  • レクサス LX570の2列シート・5人乗り仕様
レクサスは、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー2017において、『LX 570』の米国仕様車に、2列シート・5人乗り仕様を設定すると発表した。

LX 570の2列シート・5人乗り仕様は今夏、日本国内で先行発表。今回、米国向けのLX 570にも、多様な顧客のニーズに対応する目的で、2列シート・5人乗り仕様が設定された。

米国仕様のLX570の2列シート・5人乗り仕様には、先進運転支援システム(ADAS)をフル装備。歩行者検出、レーン・ディパチャー・ウォーニング、インテリジェントハイビーム付きのプリクラッシュセーフティシステムを備えた「レクサス・セーフティ・システム+」を標準装備する。

また、ダイナミックレーダークルーズコントロールも採用。ミリ波レーダーにカメラを組み合わせて、先行車との距離を維持する。

レーン・ディパチャー・ウォーニングはカメラを使用して、走行レーンを監視。車両が車線を逸脱しそうになることを感知すると、ドライバーに警告を与え、ステアリングホイールを振動させる。インテリジェントハイビームは、接近している車両や前方を走行している車両のテールランプを検出すると、自動的にハイビームからロービームに切り替える。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集