アウディ A1 新型デザインはこれで決まりだ!ついに「RS1」も登場か

自動車 ニューモデル 新型車
アウディ A1 次期型レンダリングCG
  • アウディ A1 次期型レンダリングCG
  • アウディA1 次期型スクープ写真
  • アウディA1 次期型スクープ写真
  • アウディA1 次期型スクープ写真
  • アウディA1 次期型スクープ写真
  • アウディA1 次期型スクープ写真
  • アウディ A1 現行型
  • アウディ A1 スポーツバック 現行型
アウディの最小ハッチバック『A1』次期型の市販型レンダリングCGを独占入手した。現行モデルとは異なり、エッジが立ったシャープな造形が大きな特徴だ。さらに最新世代のマトリクスLEDヘッドライトを装着、左右を繋ぐコの字型エアインテーク、ワイドなシングルフレームグリルは最新アウディデザインの流れを汲むものとなる。

次期型には、より軽量で剛性の高い「MQB」プラットフォームを採用し、ホイールベースを延長しコンパクトながら居住空間の拡充を図っている。サイドミラーがドア側からウィンドウ側へ移設されているほか、リアドアに向かってキックアップした力強いキャラクターラインが見られる。また次期型では3ドアは廃止され、CGのように5ドアモデルのみの設定となるはずだ。

パワートレインは6速MT、または7速スピードATと組み合わされる、新開発の1リットル直列3気筒ダウンサイジングターボ、および2リットル直列4気筒エンジンが予想されている。さらに200psを発揮する『S1』や、シリーズ初のRSモデルとなる300psの『RS1』も続くだろう。

室内にはスマートフォン・インテグレーションを装備し、12.3インチのTFTバーチャルコックピットディスプレイをオプションでチョイス出来る。

入手した情報によると、ワールドプレミアは2018年9月とレポートされている。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集