ソフトバンクとホンダが共同研究…高速移動中の自動車での通信に5Gを活用

自動車 テクノロジー ネット

ホンダ鷹栖プルービンググラウンド
  • ホンダ鷹栖プルービンググラウンド
  • ソフトバンク孫正義社長
  • ホンダ 八郷隆弘 社長
ソフトバンクは、ホンダの研究開発子会社の本田技術研究所と第5世代移動通信システム(5G)を活用したコネクテッドカー技術の共同研究を開始すると発表した。

ソフトバンクは2018年度中に本田技術研究所のテストコース「鷹栖プルービンググラウンド」(北海道上川郡鷹栖町)に5G実験用基地局を設置する。両社は、テストコースで、高速移動中の自動車で通信する基地局を安定的に切り替える技術や車載アンテナ、弱電界でのデータ送受信性能を確保する技術やデータ処理技術を共同開発する予定。

両社は2020年に実用化される見通しの次世代通信システムで、自動運転車での活用が見込まれている5Gの普及を想定し、自動車を中心としたモビリティーとさまざまなモノが「つながる」ことで、新たな体験や価値を提供するコネクテッドカー技術開発を強化する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集