三菱 アウトランダー、米国で2018年型…コネクトと先進運転支援を強化

自動車 ニューモデル 新型車

三菱 アウトランダーの2018年モデル
  • 三菱 アウトランダーの2018年モデル
  • 三菱 アウトランダーの2018年モデル
  • 三菱 アウトランダーの2018年モデル
  • 三菱 アウトランダーの2018年モデル
三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカ11月3日、『アウトランダー』の2018年モデルを発表した。

2018年モデルでは、内外装の一部を変更。三菱自動車の米国市場における最量販車が、ドライビングエクスペリエンスを高める改良を実施している。

2018年モデルのインテリアは、車載コネクティビティを強化。ダッシュボードには、新開発の7インチのタッチスクリーンディスプレイを採用した。スマートフォンとの連携が可能なオーディオシステムを新たに搭載する。

上級グレードでは、先進運転支援システム(ADAS)を強化。ブライドスポット警告をはじめ、リアクロストラフィックアラート、レーンチェンジアシストなどを標準装備。する。さらに、「ツーリングパッケージ」には、レーン逸脱警告、アダプティブクルーズコントロール、自動ハイビームなどをセットした。

アウトランダーの2018年モデルの米国ベース価格は、2万3795ドル(約273万円)と公表されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集