【SEMA 2017】ホンダが シビック タイプR 新型用エンジンを販売へ…草の根レースを支援

自動車 ニューモデル モーターショー

ホンダ・シビック・タイプR用エンジン
  • ホンダ・シビック・タイプR用エンジン
  • ホンダ・シビック・タイプR
  • ホンダ・シビック・タイプR
ホンダの米国法人、アメリカンホンダは10月30日、SEMAショー2017の開幕を前に、新型『シビック・タイプR』用のエンジンを販売すると発表した。

新型シビック タイプR用のエンジンは、ホンダが米国でモータースポーツに参戦する顧客に向けて販売するもの。HPD(ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント)の「ホンダ・レーシング・ライン・プログラム」を通じて、販売が行われる予定。

新型シビック タイプRのパワートレインは、「K20C1」と呼ばれる2.0リットル直列4気筒ガソリン「VTECターボ」。北米仕様の場合、最大出力306hp/6500rpm、最大トルク40.8kgm/2500~4500rpmを引き出す。

なお、このエンジンの単体価格は、6519ドル(約74万円)と公表された。

アメリカンホンダは、「新型シビック タイプR 用エンジンの販売は、草の根レースをサポートするというホンダの長期的な取り組みに基づくもの」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集