大船渡線BRTの陸前高田駅が新市街地へ移転…JR東日本、市役所付近には新駅整備

鉄道 企業動向

陸前高田市内の大船渡線BRTルートと各駅の位置。陸前高田駅が移転するほか、まちなか陸前高田駅の廃止と栃ヶ沢公園駅の新設が行われる。
  • 陸前高田市内の大船渡線BRTルートと各駅の位置。陸前高田駅が移転するほか、まちなか陸前高田駅の廃止と栃ヶ沢公園駅の新設が行われる。
  • 大船渡線BRTの運行ルート。陸前矢作方面と気仙沼線方面の接続点も陸前高田駅と一緒に市役所付近からアバッセたかた付近に移転する。
  • 一般道区間を走る大船渡線BRTのバス。
JR東日本の盛岡支社は10月30日、大船渡線BRTの陸前高田駅(岩手県陸前高田市)を新しい中心市街地に移転させると発表した。移転日は2018年4月1日の予定。これにあわせて駅の新設や廃止も行われる。

陸前高田駅は、一ノ関~気仙沼~盛間を結ぶ大船渡線内の駅。2011年3月の東日本大震災で発生した津波により施設が流失した。2013年3月に気仙沼~盛間がバス高速輸送システム(BRT)により仮復旧した際、一般道区間の駅として陸前高田市役所の仮庁舎前に移設。2015年3月にはBRTに対応した駅舎が市役所の近くに整備された。

今回の移転先は、市役所から南へ約1.5kmの地点。待合室と販売窓口が設けられる。津波で流失した鉄道駅があった場所に近いほか、今年4月にオープンした複合商業施設「アバッセたかた」の最寄駅・まちなか陸前高田駅にも近い。

これに伴い、市役所付近には新たに栃ヶ沢公園駅が新設され、バスポールを設置。まちなか陸前高田駅は廃止される。実質的には、現在の陸前高田駅を栃ヶ沢公園駅に改称し、まちなか陸前高田駅を陸前高田駅に改称する形だ。ただし、陸前矢作方面のバスと気仙沼方面のバスの接続点は、新しい陸前高田駅に移る。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集