東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
国土交通省(国交省) 経済産業省(経産省) 防衛省・自衛隊 警察庁 電力供給 東京電力(東電) 燃費
三菱自動車、大船渡市や陸前高田市と災害時協力協定締結 岩手県自治体と連携を加速 画像
自動車 社会

三菱自動車、大船渡市や陸前高田市と災害時協力協定締結 岩手県自治体と連携を加速

三菱自動車は、2月3日に大船渡市、5日に陸前高田市とそれぞれ災害時協力協定を締結。震災を経験した岩手県自治体と連携を加速させている。

福島原発事故避難者の高速道路無料措置を期間延長 2021年3月末まで 画像
自動車 社会

福島原発事故避難者の高速道路無料措置を期間延長 2021年3月末まで

国土交通省は2月4日、原発事故による警戒区域から避難している人に対する高速道路の無料措置期間を延長すると発表した。

横浜ゴム、カーシェアリングにタイヤ寄贈 東日本大震災の被災地高齢者を支援 画像
自動車 ビジネス

横浜ゴム、カーシェアリングにタイヤ寄贈 東日本大震災の被災地高齢者を支援

横浜ゴムは、東日本大震災被災地域の高齢者を対象としたカーシェアリングを支える「コミュニティ・カーシェアリング(CCS)」に社会貢献活動の一環として、乗用車用スタッドレスタイヤ「アイスガード6」40本を寄贈した。

免許返納で「乗らないクルマ」、寄付して社会貢献 日本カーシェアリング協会 画像
自動車 社会

免許返納で「乗らないクルマ」、寄付して社会貢献 日本カーシェアリング協会

日本カーシェアリング協会は、免許返納後の無免許運転による交通事故減少を目的に、8月1日から31日を「乗らない車を寄付する月間」とし、乗らなくなった車の寄付を日本全国(沖縄県・離島除く)から募集している。

東日本大震災の復興道路・復興支援道路は2020年度末までの全線開通にメド 画像
自動車 社会

東日本大震災の復興道路・復興支援道路は2020年度末までの全線開通にメド

国土交通省は、東日本大震災の復興道路・復興支援道路が2020年度までに全線開通すると発表した(8日)。

ダイハツなど、福島第一原発廃炉に向けハニカム型水素安全触媒を開発 自動車用を応用 画像
自動車 テクノロジー

ダイハツなど、福島第一原発廃炉に向けハニカム型水素安全触媒を開発 自動車用を応用

ダイハツ工業と関西学院大学・理工学部・田中裕久研究室の研究グループは7月22日、福島第一原発廃炉に向けた課題の1つである水素安全の確立のため、自動車触媒を応用した「ハニカム型水素安全触媒」を開発したと発表した。

常磐線いわき以北の特急は2019年度末に再開、東京都区内-仙台市内間に直通列車 画像
鉄道

常磐線いわき以北の特急は2019年度末に再開、東京都区内-仙台市内間に直通列車

JR東日本は7月5日、2019年度末の常磐線全線再開へ向け、全線直通特急を運行することを明らかにした。

NISSAN e-シェアモビ、福島復興のシンボル「Jヴィレッジ」にステーションオープン 画像
エコカー

NISSAN e-シェアモビ、福島復興のシンボル「Jヴィレッジ」にステーションオープン

日産自動車は、カーシェアリングサービス「e-シェアモビ」の新ステーションを福島県双葉郡楢葉町のナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」に4月20日、オープンすると発表した。

東日本大震災で途切れた三陸の鉄道、リアス線として8年ぶり開通[新聞ウォッチ] 画像
鉄道

東日本大震災で途切れた三陸の鉄道、リアス線として8年ぶり開通[新聞ウォッチ]

日本大震災の津波被害で鉄路が途切れた岩手県沿岸の宮古―釜石間を走る第三セクター三陸鉄道の「リアス線」が8年ぶりに再開した。週末には釜石駅で出発式が行われ、全国から集まった多くの鉄道ファンを乗せた記念列車が、釜石―宮古で運行したという

NISSAN e-シェアモビ、福島・小高にステーション開設…県内3か所目 画像
自動車 社会

NISSAN e-シェアモビ、福島・小高にステーション開設…県内3か所目

日産自動車は3月15日、福島県浜通り地域に新たな「NISSAN e-シェアモビ」の拠点「小高ステーション(福島県南相馬市小高区)」を開設したと発表した。

岩手県の沿岸と内陸を結ぶ、東北横断自動車道 釜石秋田線が全線開通 画像
自動車 社会

岩手県の沿岸と内陸を結ぶ、東北横断自動車道 釜石秋田線が全線開通

岩手県の内陸と沿岸をつなぐ東北横断自動車道釜石秋田線が3月9日、全線開通した。

原発事故から8年、母子避難者に対する高速道路無料化措置を1年延長へ 画像
自動車 社会

原発事故から8年、母子避難者に対する高速道路無料化措置を1年延長へ

国土交通省は、原発事故による母子避難者に対する高速道路の無料措置期間を2020年3月31日まで延長すると発表した。

クルマで牽引できる「どこでも露天風呂」発売、自然災害時に活躍 画像
自動車 ニューモデル

クルマで牽引できる「どこでも露天風呂」発売、自然災害時に活躍

自動車整備・部品販売を行うCANUSは、ドラム缶風呂にボイラーを組み合わせた移動式露天風呂「どこでも露天風呂」を発売した。

気仙沼・大船渡線BRTでダイヤ改正…3駅を新設、大船渡線に初の土休日ダイヤ 3月16日 画像
鉄道

気仙沼・大船渡線BRTでダイヤ改正…3駅を新設、大船渡線に初の土休日ダイヤ 3月16日

JR東日本盛岡支社・仙台支社は2月14日、バス高速輸送システム(気仙沼線BRT、大船渡線BRT)のダイヤ改正を3月16日に実施すると発表した。

三陸鉄道がリアス線開業記念列車の参加者を募集…旧JR山田線区間を運行 3月23日 画像
鉄道

三陸鉄道がリアス線開業記念列車の参加者を募集…旧JR山田線区間を運行 3月23日

三陸鉄道は、3月23日にJR山田線宮古~釜石間が同社の盛~久慈間を結ぶリアス線に移管されることにちなみ、同日に運行される記念列車の参加者を募集している。

クルマを使った地域の助け合い「みやぎチャレンジ」、日本カーシェアリング協会が参加 画像
自動車 ビジネス

クルマを使った地域の助け合い「みやぎチャレンジ」、日本カーシェアリング協会が参加

東日本大震災以降、全国の自然災害による被災地の復興をカーシェアリングを通して行ってきた一般社団法人日本カーシェアリング協会が、宮城県内で社会課題解決へ向けて活動する団体を支援する「みやぎチャレンジプロジェクト(みやチャレ)」に参画、支援を呼び掛けている。

三陸鉄道リアス線の開業は2019年3月23日…盛-久慈間163kmを4時間30分前後で結ぶ 画像
鉄道

三陸鉄道リアス線の開業は2019年3月23日…盛-久慈間163kmを4時間30分前後で結ぶ

盛(さかり)駅(岩手県大船渡市)と久慈駅(岩手県久慈市)を結ぶ三陸鉄道リアス線が2019年3月23日に開業することになった。12月13日に三陸鉄道がそのダイヤの概要を明らかにした。

日産のEVカーシェアリング、「e-シェアモビ」を福島県浜通りで運用開始 画像
自動車 ビジネス

日産のEVカーシェアリング、「e-シェアモビ」を福島県浜通りで運用開始

日産自動車は、福島県の浜通り地域でカーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」を12月18日より運用開始すると発表した。

ココロハコブ…いわて・みやぎ・ふくしまフェスタで東北の「今」を知る 画像
自動車 ビジネス

ココロハコブ…いわて・みやぎ・ふくしまフェスタで東北の「今」を知る

10月6~8日の3日間、東京臨海都心は東京モーターフェスに沸いた。その会場の一つMEGA WEBではココロハコブプロジェクト「いわて・みやぎ・ふくしまフェスタ@MEGAWEB」が開催されていた。

福島モトフェス、3つのコースで「走りまくり」復興支援…輸入車や絶版車に試乗も 9月23日 画像
モーターサイクル

福島モトフェス、3つのコースで「走りまくり」復興支援…輸入車や絶版車に試乗も 9月23日

オートバイ用品の小売・開発のナップスは、福島復興支援イベント、第2回「福島モーターサイクルフェスティバル(福島モトフェス) 」を9月23日、エビスサーキット(福島県二本松市)で開催する。

復興支援イベント「福島モトフェス」、キング・ケニーや原田哲也も来場 9月23日開催決定 画像
モーターサイクル

復興支援イベント「福島モトフェス」、キング・ケニーや原田哲也も来場 9月23日開催決定

オートバイ用品の小売・開発のナップスは、福島復興支援イベント、第2回「福島モーターサイクルフェスティバル(福島モトフェス) 」を9月23日、エビスサーキット(福島県二本松市)で開催する。

マツダ、東日本大震災の被災中高生を支援…仏ホームステイ、ルマン24時間レース見学も 画像
自動車 ビジネス

マツダ、東日本大震災の被災中高生を支援…仏ホームステイ、ルマン24時間レース見学も

マツダは、東日本大震災被災児童自立支援プロジェクト「サポート・アワー・キッズ」の「第8回海外ホームステイプログラム」を支援すると発表した。

SBドライブ、福島原発での自動運転EVバスの運行をサポート 画像
自動車 テクノロジー

SBドライブ、福島原発での自動運転EVバスの運行をサポート

ソフトバンクグループのSBドライブは、東京電力ホールディングスの福島第一原子力発電所に導入される自動運転EVバスの運行支援を開始した。

常磐線広野-木戸間に原発事故からの復興を目指す新駅 2019年春に開業へ 画像
鉄道

常磐線広野-木戸間に原発事故からの復興を目指す新駅 2019年春に開業へ

国土交通省東北運輸局は3月28日、JR東日本から申請されていた常磐線広野~木戸間の新駅「Jヴィレッジ」(仮称)の設置を、同日付けで認可したと発表した。

福島原発避難解除から1年、浪江町「再生」に日産と住商が一役…EV使用済み電池再生工場稼働[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

福島原発避難解除から1年、浪江町「再生」に日産と住商が一役…EV使用済み電池再生工場稼働[新聞ウォッチ]

おそらく、福島県の「浪江町」という地名は、7年前に発生した東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電の放射能漏れ事故が起こらなかったならば、東北の自然に囲まれた長閑な田園地帯のこの町は世界的にも知られなかったことだろう。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 79