【東京モーターショー2017】スバルブースは「走る愉しさ」を表したクルマを展示、安心も忘れず

自動車 ニューモデル モーターショー

ブース中央でその存在感をアピールする「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」
  • ブース中央でその存在感をアピールする「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」
  • 「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」はハイパフォーマンスカーの将来像を示すコンセプトモデル。
  • リアも迫力満点のデザイン。
  • Sシリーズ最高出力となった「S208」。
  • 450台の限定で、それを上回る申し込みがあった場合は抽選販売となる。
  • 「BRZ」には最上級グレードのSTI Sportを設定。
SUBARU(スバル)は富士重工業から社名変更した際に「モノをつくる会社から笑顔をつくる会社へ。」と宣言。未来へ向けて「安心と愉しさ」追求しているが、今回のモーターショーでもこれに沿った展示が行われた。

ブース中央の一番目立つ位置に置かれているのは、ハイパフォーマンスカーの将来像を示すコンセプトモデル『VIZIV PERFORMANCE CONCEPT』だ。スバルのシンボルでもある水平対向エンジン搭載。シンメトリカルAWDとの組み合わせによってハイパフォーマンスな走りと愉しさ実現するとともに、高性能アイサイトによる自動運転技術も取り入れている。

コンセプトモデルではなく、実際に購入することができるハイパフォーマンスモデルとして注目を集めていたのは『S208』だ。『WRX STI』をベースに、エンジンや足回りをSTI(=SUBARU TECNICA INTERNATIONAL)が専用開発したもので、エンジンは専用チューニングを施し、Sシリーズとしては最高出力の329PSを発揮する。450台限定の生産で、これを上回る受注があった場合には抽選販売になるという。

S208の隣に置かれているのは『BRZ STI Sport』で、BRZの最上級モデルに位置づけられている。走りやスタイル、質感すべてにSTIのDNAを込ており、足回りはSTIの独自技術を施した専用品が装着されている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集