ボルボ S60/V60、ポールスターチューンの最終モデルを限定発売

自動車 ニューモデル 新型車

ボルボ S60/V60 ポールスターチューン
  • ボルボ S60/V60 ポールスターチューン
  • ボルボ S60/V60 ポールスターチューン
  • 右側シートサイドにスウェーデン国旗
  • ボルボ S60/V60 ポールスターチューン
  • フロントスポイラー下部に軽量なカーボンファイバーパーツを採用
  • サイドシル下部に軽量なカーボンファイバーパーツを採用
  • ドアミラーカバーに軽量なカーボンファイバーパーツを採用
  • 専用フロントスカッフプレートに1から1500までのシリアルナンバー
ボルボ・カー・ジャパンは、高性能モデル『S60/V60ポールスター』のファイナルエディションとなる特別限定車を設定し、10月27日より販売を開始した。

ポールスターは世界ツーリングカー選手権(WTCC)を中心に活躍するポールスター・シアン・レーシングをバックボーンとした、ボルボのモータースポーツ活動やカスタマイズ分野の公式パートナー。レース活動以外にも、ボルボ各車をベースにした高性能市販モデルの開発も手がけてきた。ボルボは今年6月、傘下のポールスターを独立ブランドとし、電動車両の高性能車の開発に特化させると発表。継続販売してきたS60ポールスター/ V60ポールスターは、今回がファイナルモデルとなる。

S60/V60ポールスターは、新世代Drive-E「T6」エンジンをベースに、ターボチャージャーの大型化、コンロッドとカムシャフトの変更、エアインテークの大型化、燃料ポンプの大容量化などで、最高出力をノーマル比61ps増の367psに向上。スポーツプラスモード採用のパドルシフト付8速ATにAWDシステムを組み合わせる。さらに専用チューニングされた電動パワーステアリングやオーリンズ社製DFVダンパー、専用エグゾーストシステム、ブレンボ製6ポッドキャリパー付きフロントブレーキ等、多岐にわたるチューニングを施し、高性能モデルにふさわしい走りを実現する。

ファイナルモデルでは、新たにフロントスポイラー下部、サイドシル下部、ドアミラーカバー、トランクスポイラー・エクステンション部(S60のみ)に軽量なカーボンファイバーパーツを採用。また専用フロントスカッフプレートには、限定生産車として1から1500までのシリアルナンバーを刻んでいる。また、ポールスター専用の20インチアルミホイールはダイヤモンドカット/グロッシーブラック仕上げとなり、それに組み合わせる専用タイヤ「ミシュラン パイロット スーパースポーツ」にはノイズ低減機能が追加された。

インテリアでは、ホールド性と快適性を高次元でバランスさせた、本革/ヌバックの専用スポーツシートに新たな表皮やステッチを採用。右側シートサイドにスウェーデン国旗をあしらった。

ボディカラーは「バースティングブルーメタリック」「アイスホワイト」「オニキスブラックメタリック」「シアンレーシングブルー」の4色を設定する。価格はS60が859万円、V60が879万円。限定台数はS60が20台、V60が30台。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集