【東京モーターショー2017】ニンジャ 250&400 がフレーム&エンジンを刷新し戦闘力UP

自動車 ニューモデル モーターショー

新型Ninja250
  • 新型Ninja250
  • 新型Ninja400
  • 新型Ninja250
  • 新型Ninja400
『Z900RS』が注目を集める東京モーターショー2017カワサキブースだが、ワールドプレミア車はまだある。『Ninja250』と『Ninja400』だ! いずれもエンジンからフレーム、スタイリングに至るまで刷新しフルモデルチェンジした。

デビューから10年という節目を迎えたNinja250は、パラレルツインエンジンをさらにパワフルにし、また扱いやすくしている。これまでのエンジンは1985年に発売された『GPZ250R』の並列2気筒をベースに改良を加えてきたものだったが、新型Ninja250に積まれるのは完全な新作パワーユニットとなる。

このエンジンがスゴイ。62.0mm×41.2mmのボア×ストロークは同じだが、一般的なホリゾンタル吸気をやめダウンドラフト吸気を採用し、スロットルバルブを従来の28mm径から32mmに大径化。インドネシア仕様では最高出力39ps/12,500rpm、最大トルク2.4kg-m/10,000rpmを発生しており、このスペックは250ライバル勢を上回っている。

新設計のトレリスフレームも先進の解析技術を用いたことで大幅に軽量化。従来モデル以上の軽快な取りまわしとハンドリングを実現した。

そしてNinja400のシャシーは、新型Ninja250とほぼ共通とした。つまり250クラスの軽量な車体に、パワフルな399cccパラレルツインエンジンを搭載するのだ。

211kgあった車体重量をなんと43kgも減らし、168kgにまで落としているから驚く。400の新型パラレルツインエンジンはクランクケースのみ250と共通で、ダウンドラフト吸気を採用し欧州仕様で45PSを発揮する。

スタイリングは両車とも『Ninja ZX-10R/10RR』のイメージを踏襲し、LEDヘッドライトやマルチファンクションLCDメーターなど装備もグレードアップを果たした。

ニンジャのミドルコンビがともに軽量ハイパワー化を達成し、アンダー400クラスを制圧する勢いだ。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集