【東京モーターショー2017】EVキッチンカーをミニカー規格で…高山自動車

自動車 ニューモデル モーターショー

Micro freedom
  • Micro freedom
  • 箱、チケットブースにしかみえない
  • 内装は自由にアレンジできる
  • 衝突実験済み
EVというと、ことあるごとに充電の手間は航続距離で実用にならないなどと言う人は多いが、EVやモビリティのすべてがクルマの延長にあるとは限らない。モーターショーではあるが、ちょっと変わったクルマを発見した。

高山自動車が出展しているのは『Micro freedom(マイクロフリーダム)』というミニカー規格の電気自動車。スクエアデザインをも超越したアルミ製のコンテナにも見える文字通りのキューブ型ボディ。塗装されていないので“コンテナ感”が半端ない。

しかし、ボディ半分をスライドさせるとミニカー規格のワンボックスカーになり、自走できるりっぱなクルマになる。ヘッドライトやマーカーなども装備されており、原付ナンバーのミニカーとして登録可能だという。主なスペックは以下の通りだ。

乗車定員:1名
全長:2.1m
全幅:1.12m(拡張時1.982m)
全高:1.98m
車両総重量:465kg
航続距離:約35km
最高速度:50km/h
バッテリー:密閉式鉛電池(12V 33Ah×6)
充電時間:8時間程度(AC 100V)
モーター出力:2kW×2(後輪ホイールイン直接駆動)
価格:約500万円(キッチン設備など内装別)

用途はイベントなどに活用できる移動販売車、キッチンカーが考えられる。長距離の移動は考慮されていないが、例えば商業施設内などの移動式店舗や臨時ブース、その他アトラクションなども考えられる。

じつは、高山自動車はモーターショーの出展は4回目になるそうだ。納入実績としては東急不動産が駅ビルの屋上スペースに展開する屋台として5台購入している。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集