ヘッドライトはボルボ風? フォード フォーカスワゴン 次期型をスクープ

自動車 ニューモデル 新型車

フォード フォーカス ワゴン スクープ写真
  • フォード フォーカス ワゴン スクープ写真
  • フォード フォーカス ワゴン スクープ写真
  • フォード フォーカス ワゴン スクープ写真
  • フォード フォーカス ワゴン スクープ写真
  • フォード フォーカス ワゴン スクープ写真
  • フォード フォーカス ワゴン スクープ写真
  • フォード フォーカス ワゴン スクープ写真
  • フォード フォーカス ワゴン スクープ写真
欧州では人気の高い、フォード『フォーカスワゴン』。第4世代となる次期型プロトタイプが、始めてニュルブルクリンクで高速テストを開始した。生産型パーツを装備し、大刷新されるその新型のディテールがいよいよ見えてきた。

最新の開発車両では、新たにボルボ風の上下二分割されたLEDヘッドライト、メッシュグリルが装着されている他、ツインエキゾーストパイプやエアインテークの形状も見ることができる。次期型では「Cプラットフォーム」を採用、ホイールベースを約50mm延長して、十分なレッグルームや荷室を確保する。

パワートレインは、1リットル直列3気筒「エコブースト」エンジン、『フィエスタST』から流用される1.5リットル直列3気筒ターボの他、ハイブリッドモデルもラインナップされるようだ。

フォード自慢の“ブルーオーバル”のコックピットには、センターディスプレイ「SYNC3」インフォテイメントシステムや、オプションでデジタル計器クラスタも用意される可能性がある。

ワールドプレミアは、2018年3月に「ハッチバック」が公開された後、10月に「ワゴン」と「セダン」の投入が予定されている。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集