【MotoGP 日本GP】ドヴィツィオーゾが優勝…ファイナルラップ最終コーナーで決着

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ) (c) Getty Images
  • ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ) (c) Getty Images
  • ドヴィツィオーゾ (c) Getty Images
  • MotoGP日本GPスタート (c) Getty Images
  • ドヴィツィオーゾ (c) Getty Images
  • パックをリードするマルケス(ホンダ) (c) Getty Images
  • マルケス(前)とドヴィツィオーゾの死闘 (c) Getty Images
  • ドヴィツィオーゾがフィニッシュ。2位マルケスとは0秒249差。 (c) Getty Images
  • マルケス (c) Getty Images
ロードレース世界選手権「MotoGP」の第15戦日本GP、15日に決勝レースが開催され、Ducati Team(ドゥカティ)のアンドレア・ドヴィツィオーゾが優勝した。2位は0.2秒差でRepsol Honda Team(ホンダ)のマルク・マルケス。

9番手グリッドのドヴィツィオーゾは1周目で上位に進出、3番グリッドのマルケスとともに常に上位に位置し、14周目からは首位を2台で争う。14~18周はマルケス、19~21周はドヴィツィオーゾ、22~23周はマルケスと、首位を交代する。24周目ファイナルラップはマルケスがトップで始まるが、最後まで交代劇は続く。

ラップ前半でマルケスが少しバランスを崩すと、ドヴィツィオーゾが差を詰め90度コーナーでオーバーテイク。しかしマルケスはセカンドアンダーブリッジで抜き返す。勝負の最終コーナー、マルケスがわずかにはらんだインをドヴィツィオーゾが突いてトップに立ち、チェッカーフラッグを受けた。

3位はレース前半をリードしたOCTO Pramac Racing(ドゥカティ)のダニロ・ペトルッチ。4位はTeam SUZUKI ECSTAR(スズキ)のアンドレア・イアノンネで、チームメートのアレックス・リンスが5位に続いた。イアノンネとリンスはレースを通して4位を争っていた。ポールスタートのMonster Yamaha Tech3 Team(ヤマハ)のヨハン・ザルコは8位でゴール。

年間ランキングは1位:マルケス、2位:ドヴィツィオーゾ、3位:ビニャーレス(Movistar Yamaha MotoGP、ヤマハ)の順は変わらないものの、マルケス244ポイントに対しドヴィツィオーゾ233ポイントで、差がやや縮まった。ビニャーレスはレースで9位に終わって203ポイント、こちらは差が開いた。シーズンは残り3戦、年間タイトル争いはマルケスとドヴィツィオーゾの2人に絞られたか。


MotoGP第15戦 日本GPリザルト
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集