【東京モーターショー2017】スタンレー電気、高解像度ADBなど「知性ある光」を紹介予定

自動車 ニューモデル モーターショー

スタンレー電気、 ブースイメージ
  • スタンレー電気、 ブースイメージ
  • 高解像度 ADB
  • 路面描画ライティング
  • 追突防止路面描画リアランプ
  • ストレスフリーHMI
  • 新感覚デザインリアランプ
スタンレー電気は、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」に、「Intelligent Lighting - 知性ある光 -」をテーマに出展する。

同社ブースでは、光を細かく制御することで周囲の車や歩行者に眩しさを与えない「高解像度ADB(可変配光ヘッドランプ)」や、普通の単眼カメラでは得られない距離情報を取得できる「TOF(Time Of Flight)センサー」を展示。そのほか、光で道路にメッセージを描き、クルマと歩行者とのコミュニケーションを図る「路面描画ライティング」や、後続車の追突を抑止する「追突防止路面描画リアランプ」、ドライバーが運転に集中できる「ストレスフリーHMI」などを紹介する。

また、チームクニミツの高橋国光総監督や山本尚貴選手、伊沢拓也選手、自動車評論家の飯田裕子氏、レーシングドライバーの飯田章選手、細川慎弥選手、RAYBRIGレースクイーンの林紗久羅さん、はら ことはさんを招いてのトークショーも予定している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集