【リコール】メルセデス A180 など2万2000台、スタータ不具合で発火のおそれ

自動車 テクノロジー 安全
メルセデスベンツA180スポーツ
  • メルセデスベンツA180スポーツ
  • 改善箇所
メルセデス・ベンツ日本は9月28日、メルセデスベンツ『A180』などのエンジンスタータに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは『A180』『A250 4マチック』『A45 AMG』『メルセデスAMG A45 4マチック』『B180』『B250 4マチック』『CLA180』『CLA180 SB』『CLA250』『CLA250 4マチック』『CLA250 SB』『CLA250 4マチック SB』『メルセデスAMG CLA45 4M』『メルセデスAMG CLA45 4M SB』『GLA180』『C200』『E400 4マチック』『E400 4マチック ステーションワゴン』『メルセデスAMG E43 4マチック』の19車種で、2014年8月26日~2017年3月8日に輸入された2万2404台。

エンジンスタータの使用方法に対する評価が不十分なため、内部部品が故障により固着して、スタータモータが回転できない状態で始動操作を繰り返すとスタータの電気回路に過電流が流れ、始動電流リミッタが発熱することがある。そのため、始動電流リミッタの周辺部位が溶損、発煙し、最悪の場合、発火するおそれがある。

改善措置として、全車両、スタータ配線にフューズを追加する。

不具合は1件発生、事故は起きていない。ドイツ本社からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集