トヨタのSUVシリーズが増強、本格オフローダーが4モデル編成に

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ・ハイラックス
  • トヨタ・ハイラックス
  • トヨタ・ハイラックス
  • トヨタ・ハイラックス
  • トヨタ・ランドクルーザープラド
  • トヨタ・ランドクルーザープラド
  • トヨタFJクルーザー
トヨタ自動車株式会社は9月12日、新型ピックアップトラック『ハイラックス』を日本へ導入するとともに、大幅改良を受けた『ランドクルーザープラド』、並びに『FJクルーザー』の特別仕様車「ファイナルエディション」を発売。東京臨海都心のお台場にあるトヨタのショールーム「メガウェブ」にて、3車種同時に公開した。

ハイラックスは、2004年を最後に国内の販売は途絶えていた。しかし海外では約180カ国で販売され、これまでの累計販売台数は1730万台を超える。また日本での販売終了以降でも保有者は約9000名おり、主に仕事用として現役で活躍。復活を望んでいたユーザーにとっては朗報だ。

またトヨタの本格オフローダーの雄『ランドクルーザーシリーズ』から、ライトユーザー向けに展開される『ランドクルーザープラド』もビッグマイナーチェンジが行われた。今回はより先進性を追求し、フロントフェイスをより都会的なイメージに刷新。インテリアにも高級感が溢れるデザインを採用。何より衝突回避支援機構の「TOYOTA Safety Sense P」やドライブスタートコントロール、ブラインドスポットモニターが標準装備され、ランドクルーザーらしいタフネス性を維持しながらも、先進的なSUVに生まれ変わった。

それから生産終了がアナウンスされている『FJクルーザー』にも特別仕様車の「ファイナルエディション」が設定。特別色のベージュを内外装にまとい、モダンさを高めている。

今回のハイラックスの追加により、トヨタの本格オフローダーは『ランドクルーザー』を含めて4車種の展開となった。それぞれが強烈な個性を持ち、選ぶ楽しみが広がった。


トヨタ自動車は、大型ピックアップトラック『ハイラックス』を13年ぶりに日本市場へ導入、9月12日より…
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集