【フランクフルトモーターショー2017】ホンダ アーバンEVコンセプト 発表…2019年の市販EV示唆

自動車 ニューモデル モーターショー

ホンダ・アーバンEVコンセプト
  • ホンダ・アーバンEVコンセプト
  • ホンダ・アーバンEVコンセプト
  • ホンダ・アーバンEVコンセプト
  • ホンダ・アーバンEVコンセプト
  • ホンダ・アーバンEVコンセプト
  • ホンダ・アーバンEVコンセプト
  • ホンダ・アーバンEVコンセプト
  • ホンダ・アーバンEVコンセプト
ホンダは9月12日、『アーバンEVコンセプト』を発表した。実車は9月12日夜、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー2017で初公開される。

アーバンEVコンセプトは、2019年に市販するホンダの新型EVの方向性を示したコンセプトカー。新開発のプラットフォームをベースにし、将来のホンダの市販EVの技術と設計を盛り込む。

全長は、『フィット』よりも約100mm短い。車のフロントには、あいさつや他のドライバーへのアドバイス、充電状況など、多言語でメッセージを表示することができる。

インテリアは、細いAピラーと、フロント全体を覆うワイドなフロントガラスが特徴。後部ヒンジ式のコーチドアから乗降する。室内には、異なる素材で仕上げられたベンチシートが2脚配置され、乗車定員は4名。ダッシュボードのメイン画面には、バッテリーの残量を含むさまざまな車両情報が表示される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集