道南の四季色が勢揃い…道南いさりび鉄道が「春夏秋冬」編成を運行 9月17日

鉄道 企業動向

道南いさりび鉄道の「道南の四季」色ラインナップ。今回は「ながまれ号」を除く4両が連結される。
  • 道南いさりび鉄道の「道南の四季」色ラインナップ。今回は「ながまれ号」を除く4両が連結される。
五稜郭駅(函館市)と木古内駅(木古内町)を結ぶ道南いさりび鉄道は9月17日、道南の四季をイメージした塗色のキハ40形4両を連結した列車を運行する。

4両の塗色変更車は、2017年8月までに春~初夏をイメージした山吹色のキハ40 1814、夏をイメージした濃緑色のキハ40 1810、秋をイメージした濃赤色のキハ40 1796、雪をイメージした白色のキハ40 1815が出揃っていた。

今回はこれらを連結した編成を、函館駅6時19分発の上磯行き1150Dで運行する。編成は上磯方からキハ40 1814(山吹色)+キハ40 1810(濃緑色)+キハ40 1796(濃赤色)+キハ40 1815(白色)。

なお、上磯駅(北斗市)到着時には、「春夏秋冬編成記念乗車証」が配布される予定。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集