トヨタ、カーシェア用アプリを開発…米ハワイで実証テスト開始

自動車 ビジネス 海外マーケット

トヨタのカーシェア用アプリ。米国ハワイで行うカーシェア実証テストで使用
  • トヨタのカーシェア用アプリ。米国ハワイで行うカーシェア実証テストで使用
トヨタ自動車は8月16日、トヨタ販売店向けのカーシェア事業用アプリを開発し、米国ハワイ州のトヨタ販売店のServco社と実証テストを開始した、と発表した。

このカーシェア事業用アプリは、スマートフォンによるドアの開閉システム、「スマートキーボックス」を用いたドアロックの開閉などの機能に加え、事業者向けに車両管理や利用者の認証、決済サービスといった機能を持つ。また、トヨタがモビリティの管理・利用・分析などさまざまな機能を包括的に備えたプラットフォームとして構築中の「モビリティ・サービス・プラットフォーム」の重要なアプリケーションサービスのひとつとして、このアプリの開発を推進している。

トヨタは2016年、モビリティ・サービス・プラットフォームの一機能としてスマートキーボックスを開発。このシステムを用いたカーシェアの実証実験を、米国でカーシェア事業を手がけるGetaround社とともに、2017年1月からサンフランシスコで行っている。今回、米国ハワイ州でも実証テストを行うことで、カーシェア事業用アプリとモビリティ・サービス・プラットフォームの完成度を高めていく。

なおServco社では、2017年後半より、ハワイ州ホノルルにおいて、一般の顧客向けのカーシェア事業を本格稼動させる予定。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集