VW ジェッタ がイメージ一新! ボディ拡大で優雅さ強調

自動車 ニューモデル 新型車

VW ジェッタ 次期型 スクープ写真
  • VW ジェッタ 次期型 スクープ写真
  • VW ジェッタ 次期型 スクープ写真
  • VW ジェッタ 次期型 スクープ写真
  • VW ジェッタ 次期型 スクープ写真
  • VW ジェッタ 次期型 スクープ写真
  • VW ジェッタ 次期型 スクープ写真
  • VW ジェッタ 次期型 スクープ写真
  • VW ジェッタ 次期型 スクープ写真
VWのCセグメント・4ドアセダン、『ジェッタ』の次期型プロトタイプを初めてカメラが捉えた。

ジェッタは初代から現行モデルの6代目まで、全て同世代のゴルフをベースとしていた。7代目となる次期型では、フォルクスワーゲンの共用プラットフォーム「MQB」を採用する。

現行モデルでは、先代から全長が90mm、ホイールベースが60mm延長されているが、この7代目ではさらに20mm伸びると予測されており、全長は4675mmへと成長しつつ、約50kgの軽量化も目指しているようだ。

また流行のクーペルーフを採用し、伸びやかでかなり優雅なルックスとなる次期型は、これまでのイメージを一新、ジェッタにとって大きな転換となりそうだ。

パワートレインは1.2リットルおよび1.4リットルTSIエンジン、さらに1.6リットル、2リットルTDIディーゼルエンジンなどがラインナップされるという。

ワールドプレミアは、2017年内とレポートされているが、2018年春になる可能性もありそうだ。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集