アウディ A6 次期型、ニュルで高速テスト開始…登場は2018年秋か

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ A6 次期型スクープ写真
  • アウディ A6 次期型スクープ写真
  • アウディ A6 次期型スクープ写真
  • アウディ A6 次期型スクープ写真
  • アウディ A6 次期型スクープ写真
  • アウディ A6 次期型スクープ写真
  • アウディ A6 次期型スクープ写真
  • アウディ A6 次期型スクープ写真
  • アウディ A6 次期型スクープ写真
アウディのミドルクラス・4ドアサルーン、『A6』次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンク・ノルトシェライフェで高速テストを開始した。

次期型では、存在感のある六角グリル、フットプリントの大きなLEDヘッドライトを装備し、サイドミラーをドアへ移動、より滑らかなフロントエンドや傾斜の強いリアウィンドウなどにより、最高のエアロダイナミクスを実現するとレポートされている。

また、「MLB evo」プラットフォームにより、100kg以上の軽量化を図ると共に、ホイールベースを延長し、居住空間も大きく向上するという。

コックピットには、『Q8』新型同様のボタンレス・デジタル タッチディスプレイを装備し、アウディ自慢のレベル3自動運転技術、「トラフィック ジャム パイロット」を搭載する。

パワートレインは、1.8リットル直列4気筒ターボ「TFSI」、2リットル直列4気筒ターボ、3リットルV型6気筒、そして「e-tron」PHEVがラインナップされるはずだ。

ワールドプレミアは、2018年秋頃が予想されている。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集