コンチネンタル、BMW連合に参加…完全自動運転車の量産目指す

自動車 テクノロジー ITS

コンチネンタルの自動運転開発車両
  • コンチネンタルの自動運転開発車両
ドイツに本拠を置く自動車部品大手、コンチネンタルは6月20日、BMWグループ、インテル、モービルアイの自動運転プラットフォームに、システムインテグレーターとして参加すると発表した。

2016年7月、BMWグループ、インテル、モービルアイの3社は、自動運転車の開発における提携を発表。2021年までに、完全自動運転車を量産することを目指している。

この3社連合に今回、コンチネンタルが、システムインテグレーターとして参加することが決定。システム機能の開発をはじめ、モーションコントロールやシミュレーションを行い、自動運転のプロセスチェーン全体に沿って、幅広いノウハウを提供していく。

コンチネンタルのFrank Jourdan取締役は、「パートナーシップの開発と統合に貢献することは、コンチネンタルの自動運転の分野における豊富なノウハウを示すもの」とコメント。

BMWグループの開発担当、KlausFrohlich取締役は、「パートナーはすべて、目標に一歩近づいている。2021年までに安全自動運転車を量産するために、積極的に自動運転技術を開発していく」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集