トヨタとLINE、音声エージェントを活用した新カーサービス検討で協業

自動車 テクノロジー ネット

Smart Device Link(SDL)とClova
  • Smart Device Link(SDL)とClova
トヨタ自動車は6月15日、LINEが提供するクラウドAIプラットフォーム「Clova」とトヨタが推進する車載機器とアプリの連携規格「Smart Device Link(SDL)」を活用したコネクティッドカーサービスの協業を検討すると発表した。

Clovaは、メッセンジャーアプリ「LINE」と、韓国の検索ポータル「NAVER」が持つ開発技術や豊富なコンテンツやサービスを活用することで、よりスマートなクラウドAIプラットフォームを実現。“ポストスマートフォン、ポストディスプレイ、ポストタッチ"な世界を目指すべく、Clovaを用いた様々なサービス、プロダクトの開発を推進している。

SDLは、トヨタが推進するスマートフォンアプリとクルマがつながるためのオープンソースで、ドライバーは車載の音声認識機能や操作パネルを通じ、車内でアプリを操作できる。またSDLを用いることで、自動車メーカーはスマートフォンアプリを、自社の車載システムの特性やインターフェースに合わせて、より安全・快適に利用できる形で提供することができる。

今回の協業を通じ両社は、LINEの音声エージェントテクノロジーを持つClovaと、トヨタが推進、対応を進めるSDLを連携させ、音声エージェント等を活用した新しいカーサービスの実現を、2018年の商品化を目指し検討していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集