【第101回インディ500】佐藤琢磨にホンダから“副賞”…凱旋会見でNSXが授与される

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
「もちろん、ホンモノを贈呈させていただきます」と八郷社長。
  • 「もちろん、ホンモノを贈呈させていただきます」と八郷社長。
  • 「もちろん、ホンモノを贈呈させていただきます」と八郷社長。
  • 「もちろん、ホンモノを贈呈させていただきます」と八郷社長。
  • 優勝報告を行なう佐藤琢磨。
  • 会見会場に展示されていたNSX。
  • NSX実車の前で八郷社長と握手。
  • NSXゲットを喜ぶ佐藤琢磨。
13日、ホンダの青山本社でインディ500優勝凱旋記者会見に臨んだ佐藤琢磨に、ホンダからNSXが“副賞”として授与された。

タイトな日程が続くインディカー・シリーズだが、ようやく中1週空いたスケジュールを縫って凱旋帰国中の佐藤琢磨。この日は報道向けの優勝報告記者会見が午後1時からホンダの青山本社にて行なわれた。

そこで琢磨にビッグな“副賞”がホンダから授与されることに。それは「琢磨選手も開発に参加したNSXです」(プレゼンターの八郷社長・談)。

世界最大のレースイベントともいえるインディ500を制した琢磨は、その喜びと感謝を伝えるなかで、「北米におけるインディ500というレースの価値を、あらためて知りました」との旨も語ったが、日本でもその偉業を讃える動きは快挙2週後の今も依然として加速中だ。

今回の凱旋帰国中、琢磨祝賀ムードはさらに勢いづきそうな雰囲気である。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

特集