【SUPER GT】F1世界チャンピオンに期待---バトンが鈴鹿1000kmに参戦

5月28日のF1モナコGPで、再びF1を走ったばかりのジェンソン・バトン選手が、8月のSUPER GT第6戦「鈴鹿1000km」にスポット参戦することが決まった。参加チームであるチーム無限(TEAM MUGEN)とホンダが2日、相次いで発表した。

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
チーム無限のNSX-GT
  • チーム無限のNSX-GT
  • 鈴鹿1000kmにスポット参戦するジェンソン・バトン氏
5月28日のF1モナコGPで、再びF1を走ったばかりのジェンソン・バトン選手が、8月のSUPER GT第6戦「鈴鹿1000km」にスポット参戦することが決まった。参加チームであるチーム無限(TEAM MUGEN)とホンダが2日、相次いで発表した。

チーム無限のレギュラードライバーの武藤英紀選手と中嶋大祐選手と共にドライバー3人体制で、「MOTUL MUGEN NSX-GT」に乗る。

バトン選手は、昨年12月のHonda Racing THANKS DAYでNSX CONCEPT-GTを運転、実際にレースに興味がわいたという。

チーム無限の手塚長孝監督は「チーム無限に力強い味方としてジェンソン・バトン選手を迎えられることになり、大変うれしく思います。F1世界チャンピオンとしての素晴らしい走りを鈴鹿サーキットで見せてくれることと期待しています」と、歓迎する。

参戦したF1モナコGPの決勝では、マクラーレンホンダのバトン選手はストフェル・バンドーン選手ともにリタイアという結果に終わった。この8月の鈴鹿1000kmでは、どんな走りが期待できるだろうか。

ホンダ ブランド・コミュニケーション本部長の森山克英氏は、こう宣言した。「F1世界チャンピオンであるバトン選手の加入でホンダ陣営の総合力をさらに上げ、勝利を目指します」。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集