【F1モナコGP】フェラーリがワンツー、マクラーレンは2台リタイア

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

F1モナコGP表彰台
  • F1モナコGP表彰台
  • ベッテル(フェラーリ。F1モナコGP)
  • ライコネン(フェラーリ。F1モナコGP)
  • バンドーン(マクラーレン。F1モナコGP)
  • バトン(マクラーレン。F1モナコGP)
28日に行なわれたF1モナコGPは、セバスチャン・ベッテルが優勝、キミ・ライコネンが続き、フェラーリの1-2フィニッシュとなった。3位にはレッドブルのダニエル・リチャルド。ベッテルは129ポイントでランキング首位。

ライコネンがポールポジションからスタート、2番手のベッテルとともにフェラーリ勢は序盤からリードを築く。ニコ・ヒュルケンベルグのルノーが煙を上げた時、セイフティカー導入にならず、イエローフラッグだけで済んだのもフェラーリには幸運だったようだ。

32周、3位以下のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がピットインすると、フェラーリも動く。まずライコネンがピットイン、その間にベッテルが猛烈にプッシュ。39周でピットインし、アウトした時にはライコネンの前に出た。

マクラーレンは、インディ500に参戦したフェルナンド・アロンソに代わってジェッンソン・バトンが出場。パワーユニットのコンポーネント交換によってグリッド後方からのスタートを余儀なくされたため、チームの戦略担当者はバトンを1周目でピットストップさせて、渋滞のない中で走る戦略を決断した。

ところが同じラップでザウバーももパスカル・ウェーレインをピットストップさせることにしたために、バトンのピットストップは効果を失ってしまう。前を走るザウバーをなかなかオーバーテイクできなかったためチームは戦略を変更、バトンはレース中盤でオプションタイヤに履き替えるためにピットインした。ウェーレインに追いついたバトンは、残り18周のポルティエでイン側からオーバーテイクを試みたものの、両マシンが衝突。2台ともリタイアとなった。。

この衝突で、今度はセイフティカー導入となった。マクラーレンのストフェル・バンドーンは、10番手のポイント圏内にいたが、セーフティカーが解除されたあと、タイヤとブレーキが冷えていたためにアンダーステアになり、サン・デボーテでタイヤウオールにクラッシュ、リタイアした。

隊列走行は残り12周まで続きギャップはなくなったが、フェラーリの優勢に影響なかった。


2017年F1第6戦モナコGP:決勝結果
1.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2.キミ・ライコネン(フェラーリ)
3.ダニエル・リチャルド(レッドブル)
4.バルテリ・ボッタス(メルセデス)
5.マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
6.カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)
7.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
8.ロマン・グロージャン(ハース)
9.フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)
10.ケビン・マグヌッセン(ハース)


リタイア.ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
リタイア.ジェンソン・バトン(マクラーレン)
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集