トヨタとエヌビディアが提携…自動運転車の市場導入を加速

自動車 テクノロジー ITS

トヨタとエヌビディアが提携
  • トヨタとエヌビディアが提携
  • トヨタの最新の自動運転実験車(レクサスLSベース。参考画像)
米国カリフォルニア州に本拠を置くエヌビディア(NVIDIA)は5月10日、トヨタと提携し、自動運転車の市場導入を加速させると発表した。

具体的には、エヌビディアがAI(人工知能)のハードウェアおよびソフトウェア技術をトヨタに提供。自動運転システムの機能を強化していく。

自動運転車には、あらゆるセンサーからのデータを処理し、解釈するために、車載スーパーコンピュータが必要。多くのプロトタイプの車両には、この複雑なタスクを処理するためのコンピュータが、多数搭載されている。

次世代のXavierプロセッサを採用したエヌビディアのDRIVE PXプラットフォームでは、手のひらサイズでありながら、1秒間に30兆回のディープラーニング演算を可能にした。

エヌビディアのJensen Huang CEOは、「AIと高性能コンピューターのブレークスルーを組み合わせて、自動運転車の脳を構築している。トヨタとの発表は、自動運転車の未来が、すぐに現実になることを示す最も強力な証」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集